人の心やカラダを癒してくれる「アニマルセラピー」とは?

MENU

アニマルセラピーの3つの方法

 

アニマルセラピーには、3種類の治療方法があります。

 

動物介在活動

1つ目は、動物と触れ合うことで精神的に満たされ、生活の質を上げることを目的とした動物介在活動です。

 

Animal Assisted Activityというセラピーで、現在国内で行われているアニマルセラピーのほとんどは、この動物介在活動です。

 

具体的には、アニマルセラピストとして活動しているボランテイアが老人ホームや病院、学校などに動物を連れて訪れ、老人ホームの入居者、入院患者、生徒たちとリクリエーションを通して動物との触れ合いの場を提供するという活動です。

 

子供

動物たちと触れ合うことで、精神的に癒され、日々の寂しさから逃れられたり、病気への不安が減少したり、特別な事情を抱えた子供たちが前向きな気持ちになれたりすることを目的としています。

 

ボランテイアに参加しているのは動物病院の関係者もいますが、一般の人もおり、それぞれの人が自分の飼育しているペットを連れてボランテイア活動に参加しています。

 

日本国内では、まだアニマルセラピストを認定する国家資格がないため、アニマルセラピーの普及活動をしている個人の団体に所属し、活動に参加するという方法がとられています。

 

⇒アニマルセラピーに参加するには?

 

アニマルセラピーに適した性格のペットであればこのボランテイアに参加することができます。

 

  • 人懐っこいこと
  • 知らない場所や知らない匂いなどに対応できること
  • 臆病ではないこと
  • 鷹揚なこと

などの性格の動物がアニマルセラピーに向いているとされています。

 

もちろん、性格だけで訪問活動に参加できるわけではなく、

  • 訪れた先で安全に活動できるようなしつけがされていること
  • 健康であること

が重要です。

 

 

 

動物介在療法

2つ目は、動物介在療法Animal Assisted Therapyというセラピーです。

 

動物介在療法は、医療の一環として行われる治療で、正式に訓練されたセラピードッグと専門の医師によって行われます。

 

動物セラピー

  • 治療の目的に沿ったプログラムで治療が進められること
  • 治療の進行状態を記録すること
  • どのような効果があったかなど、分析と評価を出すこと

が、動物介在活動(Animal Assisted Activity)との違いです。

 

動物介在療法(Animal Assisted Therapy)は、医師、看護師の他、ケースワーカー、記録係、理学療法士、作業療法士、臨床心理士などで編成されたチームと、セラピードッグ、獣医師、ボランティアのチームをAATコーディネーターが間に入って調整し行われます。

 

具体的には、病気に合わせて治療の目標とスケジュールを設定し、アニマルセラピーを実地するごとにその内容を記録していき、プランが全て終了した時にセラピー内容に対する分析と評価、反省をするというものです。

 

心身症、躁うつ病などの精神的な疾患のある患者の精神状態を快方に導くことや、末期がんなどの深刻な状態にある患者などの精神的な苦痛を取り除き、病状を軽減させることなどを目的として行われます。

 

その他、高齢者施設や問題を抱える子供たちの施設などでも治療が行われています。

 

⇒動物介在療法の普及について

 

 

 

動物介在教育

3つ目は、動物介在教育(Animal Assisted Education)です。

 

教育現場に動物を取り入れて、学習の目標を達成するというもので、動物と触れ合うことで子供たちの道徳観が向上し、精神的な成長が促されるという効果が認められています。

 

精神面での教育

動物と暮らし世話をすることで、子供たちが命の大切さを学び、動物を愛する心、動物と人間の違い、動物との付き合い方を知り、また感性や協調性、責任感などを学ぶことができます。

⇒動物の癒し効果について

 

ここ数十年解決することが無く続いている不登校、いじめなど問題の解決にも大きく役立つと考えられています。