動物と触れ合うことで癒され、不眠の要因である独り言がストップして、ストレスが解消されます。

MENU

不眠症改善効果のあるアニマルセラピー

 

現代人の抱えている悩みに、不眠の悩みがあります。
ペットを飼うという、アニマルセラピーは、実は不眠にとても良い効果があります。

 

 

アニマルセラピーで不眠解消

アニマルセラピーの大きな効果は、癒し効果、ストレスの解消効果です。

 

不眠に悩む人の多くが、ストレスを抱えており、たとえば、仕事などでのストレスの場合、あの仕事を終わらないとだめだ、などの考えが頭の中から離れず独り言が頭の中から離れない状態で、睡眠を妨げてしまいます。

 

動物と触れ合うことで、その癒し効果から、不眠の要因である、独り言がストップします。

 

不眠に悩む人は対人関係などの疎外感や、孤独感から、眠れない場合などもあり、自分のペットとのふれあいは、家族同様の存在でもあり、孤独感の解消効果もあります。

 

 

犬は人間の感情に共感できる

ペットを飼うことは、家族が増えたことと同じ、とよく言われてます。
孤独感からの不眠には、ペットの存在は大きな存在です。

 

犬に関しての研究で、犬は飼い主である自分の親しい存在の人間が、苦難の表情をしていると、子どもがうろたえるような行動に出るという研究結果もあります。
また、犬は人間の非常事態を敏感にキャッチすることができ、助けを求める行動に出るということも報告されています。

 

犬をペットとして飼うということは、犬のこの様な思いやりにも触れるということでもあります。

 

 

 

ペットとの添い寝には問題がある

アニマルセラピーは不眠に効果があるので、ペットと添い寝はしても良いのでしょうか?
どうしてもペットは、突然おきるということがあり深い眠りにつきにくいという難点があります。

 

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、深い眠りのノンレム睡眠が確保できないと心身の疲れがとれなません。特に脳の休息は、深い眠りを必要とします。
ペットに何度も起こされると、疲れが取れにくい睡眠となってしまう可能性があります。

 

ペットが起きたくらいでは起きないという人もいますが、そのような人はもともと不眠症の悩みなどは抱えていない精神的に強い場合が多いので、不眠症に悩む繊細な人にとっては、添い寝はお勧めできません。